日々雑感 1315

毎日、無事に塾生が通ってくれていることに感動します

その日の授業が始まるまで、
今日はみんな無事に来てくれるかな〜、なんて心配しています。
学校も始まって、ちょっと忙しくなって大変だと思いますが、みんな頑張ってね

ってことで、AIMの谷口裕亮です

夏期講習の時間割を大幅に変更したんですけど、
これって皆さんが考えている以上に大変なことなんです

夏期講習を担当する先生方に頭を下げまくって
時間帯を変えていただこうとするのですが
先生方も予備校などでの夏期講習がありますし
予定を調整するのが なかなか難しいんです

そこを何とかお願いします
って お願いして、先生方に調整をしていただいて
こちらでも微調整を行なって
そして何とか了解をしていただく

一つ一つの講座について、この作業をやっていくんですよ
そして、やっと先週末に最終的な時間割が確定しました

ほとんどの講座を夕方以降の時間帯に、
しかも多くの高校の期末テスト期間よりも後になるように
8月3日から本格的に夏期講習を開始するという、けっこう アクロバチックな時間割になったと思います。

先生方
ご協力
本当にありがとうございました

途中、何度も挫けそうになり
もう夏期講習なんかやるもんか! って思ったこと、数知れず

それでも一つ一つの講座の実施日程をきめ細かく調整し
受講者が重なる講座は分散させながら
それでも無理な場合は同名講座を2回実施したりして
何とか無事に時間割を完成させることができました

世が世なら、戦国大名として名が知られていたと思うよ。
それぐらい困難なことを達成した充実感


ってことも なく、
ひたすら頭を下げ続けたことで、
世が世なら 商人として世界に羽ばたいていたと思う

長年AIMで先生方にいろいろな お願いをしてきましたが、
これほど頭を下げた日々は なかった。

頭の位置が上下するので
ときどき気分が悪くなるぐらい
頭、下げた

その結果、分かったことは
AIMの代表者(世間で言う「社長」)という地位は、
世間で言う「課長補佐」ぐらいの地位だなあ、ってこと

島耕作とか、課長補佐になったこと あったっけ?
課長補佐 島耕作。
ないわ〜。

AIMという組織での
自分の立ち位置が、非常によく分かる1週間でした









この記事へのコメント