日々雑感 1320

あっ、ども、AIMの谷口裕亮です。

先週、先々週と、
ほんとに たくさんの卒業生の皆さんに塾に来ていただきました。

めっちゃ ありがたかったです。
皆さんを見ていると、僕も頑張らんとって本気で思えます。

こういうことを言うと、なんか綺麗事に聞こえるかと思いますが、
開校以来、ずっと そうです。

卒業生の皆さんの姿を見ることは、
僕にとっての エネルギー源です。

少しの間に ものすごく成長した皆さんを見ると、
(たぶん本人は それほど自覚はないと思いますが)
毎年 同じような仕事をしている場合ではないなと、思います。

去年より今年、今年より来年、
ささやかな アップデートかもしれませんが、自分の仕事を アップデートしていきたい。

そう思って、今日も頑張ります!





さて、前のブログで「夏、キライ」って書きましたが、
塾生の何人か(主に男子)から「夏って いいじゃないですか!」って言われた。

「先生、ブログに 夏がキライって書いてましたけど、僕は夏、めっちゃ好きですよ」
「そっか、じゃあ」





「えっ、そんだけですか?」
「うん、そんだけ」

いいんですよ、夏が好きでも。
価値観なんて 人それぞれですから。

僕は綾瀬はるか(神)とか、めっちゃ好きなんですけど、
何で好きかっていうと、なんか プロを感じるから。

ポヤンとしているようで、
絶対に外さないっていうか、ものすごい安心感がある。

いっつもプロだなあ、って思って見てます。
これも僕の価値観。

そう、僕は プロが好きなんです。
どの道であろうが、それを究めようという意識がある人って、
節々で その意識を感じとることができて、すごく好感が持てるんですよね。

女優でいえば高畑充希なんかもそう。
プロを感じる。

この間 引退した渡辺麻友なんかも そうですよね。
アイドルの プロっていうか、王道を外さない安心感。

いずれも僕が勝手に思ってることなんですけど、
そして、芸能人で言えば、もっともっと 多くのプロがいるんだと思うんですけど、
とにかく プロは渋く輝いてる。

自分も、イギリス紳士の プロとして、立派な イギリス紳士になりたい。





って、そうじゃないよね。
進路指導とか、国語の授業における プロ、
妥協をしない プロとして、これからも やっていきたいと思う。

今は夏進行で大変な時期なんですけど、
プロとしての矜持を持って、妥協せずにやっていこうと思います。

なんか、今、





すごく いいことを言ったような気がする。







この記事へのコメント