日々雑感 1326

いやはや、国語の夏期講習が始まりました。
AIMの今年度の夏期講習の オープニングは「高3共通テスト国語」。
担当は私、谷口裕亮です。

昨日(12日)から始まっています。
この講座、もう一回26日からあるんだけど、その第1弾ということで。

いや~、とにかく オープニングということで、
ほんと緊張する。

講座の初日って、それでなくても緊張するんだけど、
2020年度の夏期講習の オープニング講座ってことで、緊張も2倍。

他の教科の講座は 8月3日以降にスタートするんですが、
この「高3共通テスト国語」だけは 7月に、しかも例年より早い時期に スタート。

なんやかんやで、その準備に忙殺された。
コロナのせいで、もともと予定していた夏期講習の時間割も 全部 組み直したし。

そもそも夏期講習を無事に開講できるのかどうかも分からないまま、
準備だけは進めてきたんだけど、なんとか無事に スタートできました。

コロナ対策だけは 万全にして、無事に夏期講習を乗り切れるようにしたいと思います。
やれることは、すべてやる。

ってことで、他の夏期講習の講座は まだまだ申し込みできます!
お待ちしております。







塾講師・予備校講師の中には、
人前で喋るのが大好きって人も多いと思うんですが、
僕は どっちかというと、そういう タイプじゃないんですよね。

いま「どっちかというと」って書きましたが、
それ、いらなかった。

まったく そういうタイプじゃないんですよね。
人前で喋りたくないっていうか、どっちかというと、一人で いたい派。

教務事務関係の仕事とかも、一人で やりたい派だし、
孤独を孤独と感じない派。

人前で喋るのが大好きっていう人の場合、
そうすることに ストレスを感じないのだと思うんですけど、
そういう タイプじゃない僕の場合、多大な ストレスがかかるんですよね。

夏期講習の担当講座が始まってから、
ほんと ストレスで、高級ビーフ(主に神戸牛)以外の料理は喉を通らないから。

今、ものすごく ストレスフルな毎日を送っているわけで、
授業前になると トイレは近くなるし、ときどき トイレから出たくなくなる。

授業の30分前ぐらいから「授業に行きたくないよ~」って脳内で叫んでるし、
おなかも痛くなるし、その思いが 不整脈を発生させる。

授業教室までの5歩ぐらいは、ほんと「牛かっ!」ていうぐらい、
歩みが遅くなるし。

あっ、「牛」っていっても、高級な「牛」ね。

そんな僕が、なんとかかんとか人前で授業ができるのは、
徹底的な予習があるからだと思ってます。

120分の授業で喋ること、
ほんと分刻みで決めてるし。
それを頭の中に叩き込んどかないと、安心して授業ができない。

しかも生徒の出来や状況に応じて、7~8個ぐらいの解説パターンを準備してます。
そのうちの6~7パターンは全くの無駄になるわけですが、
それぐらい準備をしておかないと授業に入れない。

塾業界で授業をやり始めた大学時代から、
この徹底的な予習は、それこそ徹底してるんですよね。

よく「授業中、生徒の反応を見ながら アドリブで話を ぶっ込む」って仰る先生がいるんですが、
僕には できない芸当です。

アドリブを ぶっ込む能力は、僕には、ないです。
ノーアドリブ、グッドライフ。

かといって、解説をしている最中、なにも考えていないわけではなく、
次の設問の解説の時に Aパターン、Bパターンのどっちで行くべきか、はたまたCパターンか、
なんて考えながら前の設問の解説をしているわけで、頭の中で考えてることと喋っていることが異なるという芸当をやってます。

学生時代、「先生」というのは みんなそうしているものだと思ってたんです。
だから大学生時代の塾講師のバイトで授業をしていた時も、自分がしていることをみんなもしていると思ってたんですよ。

指導講師という、講師を指導する講師も担当することになった大学3回生のころ、
研修で「頭の中では5分先で話すことを考えてるよね」って言った時、「?????」って顔をされて、戸惑った。

いやいや、ふつう そうでしょ? って言ったんだけど、
なんか ゴミを見るような目をされたので黙ったんだけど、
僕からしたら『どんだけ授業に自信あるねん!』って思えるんだよね。

さらっと予習しただけで授業に臨める塾講師や予備校講師って、
ほんとに心の底から尊敬します。

できるものなら自分も そうしたい。
でも、そうしたら僕の場合、たぶん うまく授業ができない。

怖くてやってみたことはないけど、
授業中、緊張で口は動かず、下手すると「あ~」とか「え~」とか言って120分が終了ってなる。

それこそ塾講師として「終了」だよ。

喋っている自分とは別な自分が頭の中にいて、
そいつが次に喋ることを考えて、喋っている自分に指示を出すという イメージ。





変態ですね。





いや、でも そうしないと授業ができないんですよ。
だれか同じような塾講師とか予備校講師、いないかな~。

まあ、そんな感じで、今、夏期講習の講座を担当し、
授業の予習に余念がない日々を送っています。

正直、しんどい。







この記事へのコメント