日々雑感 1331

今、担当する夏期講習の第2弾、
高3共通テスト国語(B日程)の講座を担当しています。

だから けっこう忙しいんですけど、
頑張って更新しますね、ブログ。

ってことで、谷口裕亮です。

今年の夏は例年とは異なり、
学校の授業が8月まである高校が多く、
予定が極めて立てにくいものとなっております。

ただ、AIMの夏期講習は、
ほとんど全ての講座を8月3日から開始、
実施時間も高校があっても来られるように、夕方以降に設定しています。

まだ受講生の募集は行なっていますので、
よろしければ ご検討ください。

例年なら、朝から夏期講習の授業が入っている時期なんですけど、
今年は そうした時間割の変更を行なっていますので、
なんか感覚が違う。

これはこれで慣れなくちゃならんと思いますので、
まあ、頑張って慣れます。

慣れることに「頑張る」も クソもないんですけど、
今年の特殊な状況を考えると、そうも言いたくなるわけです。

コロナも「第2波」とか言われてて、
これは慣れたらだめだと思うので、ずっと気を張って生活します。

感染者の増加が心配されていますが、
あんまり行き過ぎると、コロナに罹った人を責めるような風潮が出てきそうで、
それがなんだか怖いです。

この問題が出始めてから、
僕は自分なりの万全の対策をしていても、
相手は目に見えない ウィルスだから「完璧」はないと思っています。

AIMでも、アルコール消毒などを頻繁に行なっていますし、
マスクの着用なども徹底しているつもりなのですが、
それも「完璧」にできるわけじゃないです。

要は、各自が感染リスクを最小限に抑えるように生活し、
それでも罹ってしまった人に対しては、その無事を祈るしかないと思います。

経済活動との バランスは難しいと思いますが、
要は各自の心がけ次第という気もするわけで、
とにかく「罹った人を責めない」という姿勢だけは堅持したいと思います。

それぐらいの心の余裕がなくなると、
いわゆる「魔女狩り」的なものが横行する世の中になって、
つまり、僕が いちばん嫌いな世の中になって、
生きづらくなるので、「余裕」を持ってほしいなあ~と思っています。

かくいう僕、
今は腰痛がひどくて、教室のアルコール消毒などは大変ですが、
それでも やらなかったことで後悔したくないし、無理してでも頑張ります。

そのうえで罹るものは仕方がない、
敵は見えないコロナウィルスであり、そこは どうしようもないので。

夏期講習が始まって、
まあ気が休まることがないんですけど、
他者に対しては心の余裕(つまり「寛容の精神」)を持って臨みたいなあと思っています。

高校生の皆さんも、
学校もあり、塾の夏期講習もありで大変だと思いますが、
想像力を働かせて、他者への思いやりの心だけは忘れないでほしいと思います。

別に「腰痛」の僕を思いやれってことじゃないからね。
あっ、でも、ちょっと思いやってもらえると嬉しい。







この記事へのコメント

  • 170.3cm

    外へ出た人が新型コロナに罹患したときに自己責任の名目で責める風潮怖いですよね。
    ここまでになると、全く感染対策せずに生活してる人なんていないし、どうしても外出しないと生活できない人も居るのに! 

    感染者数のカウントを見るのがストレスな日々ですが、心が穏やかにいきましょ〜 
    お仕事お疲れ様です!
    2020年07月28日 06:22
  • AIMの代表

    >170.3cmさん

    コメント、ありがとうございます!
    おっしゃる通り、「自己責任」という言葉で
    すべてを片付ける社会って、ほんと怖い社会だと思います。

    しかもそれが人を責めるために使われる。
    その空気感がしんどいです。

    AIMでは今のところ感染の影響はありませんが、
    これからどうなっても出来ることを淡々粛々とやっていきたいと思います😃

    感染者数のカウント、もしかしたら必要なことなのかもしれませんが、
    やっぱりストレスですよね〜

    そういう中でも、お互いしっかりやっていきたいですね。
    人を責めることなく。

    体に気をつけて、
    楽しいことも考えながら、免疫力を高めて、
    日々の生活を営んでいきたいですし、塾生にもそうしてほしいです。

    今回、コメントをいただいて、
    ものすごく気持ちが楽になりました☺️
    ありがとう!
    2020年07月28日 09:14