日々雑感 1345

ああ、私です、谷口です。

この間の土曜日(9月5日)から2学期の通常授業が始まりました。
無事に、立ち上がった。

何年やっても、学期の立ち上げと講習の立ち上げは緊張しますね。
無事に、問題なく立ち上がるか、生徒が集まってくれるか。

受講者が誰もいないと、塾そのものの存続が危うくなるわけで、
毎学期毎学期、塾生募集は ドキドキなんですよね。

まあ、それでも22年間、受講してくれる皆さんが集まってくれて、
そのおかげで塾が存続しているわけなんですけど。
23年目の今年も、今のところ存続中。

AIMの場合、代表者の私が「国語」を担当しているという、
けっこう珍しい塾だと思います。

ふつう、「英語」や「数学」などの、
誰もが受講する教科の担当者が「塾長」になっていることが多い。

そんな中、「国語」。
国語専門塾なら、こういうこともあるんですけど。
ほぼ フルラインアップの教科を指導する塾としては珍しい。

しかも進路指導やら学習指導、保護者会など、
それ専門の人が担当することの多い仕事なども、すべて私が担当しています。

他教科の先生方には、その教科の指導に専念していただいています。
どの先生も プロ講師として大手予備校などで授業を担当しておられるから。
だから他教科の先生方には、その教科の指導に専念していただいています。

塾長とかって、けっこう教科指導をしていないことも多いですよね。
でもAIMでは、私が国語の教科指導をしながら、しかも教務の仕事は全部担当。

いや~、大変だわ。
大変なんだけど、仕事ができることの幸せも感じています。

この「幸せ」感って、大切だと思うんですよね。
幸福を感じながら生きていけるって、すごく大事です。

こういう時代だからこそ、
これから少しでも長く こういう幸福感を感じて仕事ができるように、頑張る。

今日も授業です。
授業ができること、とっても幸せです。







この記事へのコメント