日々雑感 1351

なんかね、先生方の紹介をしていると、
アクセス数が増える。

ってことで、最近 ご機嫌の谷口裕亮です。

ふだんは アクセス数が 150前後なんですけど、
先生方の紹介を始めてから、なんか アクセス数が 200超える毎日。

で、今日は数学科の H先生。
トップレベル理系数学・トップレベル文系数学の授業を担当していただいてるんですけど、
同業者から「えっ、H先生がAIMに教えに来てくれてるんですか?」ってよく言われるんですよ。

H先生、妖精 扱いされてます。
H先生が来る そこの塾が栄えるっていう妖精。

有名予備校で京大コースや医進の コースを歴任されてきた方で、
いや、ほんと、思わず僕も敬語で喋ってしまいます。

今でも先生の年齢を知らないんですけど、
僕より年下だと思います。
なのに敬語。

とにかく落ち着いた方で、
H先生が焦ってる姿を見たことがありません。

ぜひ一度 見てみたいです。
数学の問題が解けなくて焦る姿は想像できないので、
教室の入り口の ドアに 黒板消しでも挟んでおいて・・・・・・

次の週から来ていただけなくなる可能性もあるので、
やらないでおきます。

トップレベル理系数学、トップレベル文系数学で H先生に数学を担当してもらった塾生は、
なぜか みんな「数学好き」になっていくんですよね。

受講していた生徒に聞いてみると、
「H先生が教えてくれる解き方を使って解く
→解けるようになる
→どんどん解きたくなる
→数学が好きになっていく」
ということを、ものすごく分かりにくい具体例を挙げながら説明してくれました。

毎年、そのように生徒に思われてるH先生って、
ほんとにすごいな~と思い、今日も敬語で話しかけています。







この記事へのコメント