日々雑感 1352

保護者会をYouTubeの動画でUPするための準備で
とっても ドタバタしています。

撮影の機材とかは揃って、
さあ撮影となっても、何かが足りなかったり、
思ったようにはできなかったりで、なんだか憂鬱。

工程表をつくって、
なんか一生懸命やってるんですけど、
工程表の遅れを取り戻そうと徹夜してみたりして、寝不足でもあります。

でね、最近、居酒屋とかで お酒飲んでないんですよ。
2月以来、店で飲んだことがありません。
卒業生と飲みに行ったのも1月が最後。

ときどき卒業生がAIMに顔を見せに来てくれるんですけど、
なんかね、飲みに行けないのが、寂しい。

まあ、しばらくは ユーチューバーとして忙しい毎日を送ることになるので、
どっちにしても飲みに行けないんだけど。







で、AIMの講師陣の紹介。
今回は数学科のY先生。

この方、大学の映像授業の撮影のため、
あれこれ機材を整えて、自撮りをしていらっしゃいます。

大学でも教え、社会人も教え、高校生も教え、
もうね、オールラウンダーです。

僕の「動画編集」の師匠でもあります。
まあ「師匠」とは いっても、動画撮影の大変さについて
愚痴を言い合うという、非常に健康的な師弟関係なんですけど。

AIMでは数学を担当していただいてるんですけど、
授業スタイルが、

1.各大問について解説を行なう
2.生徒が解説をヒントに自分の答えを作り直す
3.先生がノートをチェック
4.解けてない人は、個人的に解説

毎年の「合格者アンケート」で、
・Y先生の数学の授業を最初に受けたとき衝撃的だった。でも合理的な授業だった。
・授業中に板書を写すのではなく、自分で考えて答えを作り上げる作業が新鮮だった。
などと書かれていて、実際に僕も一度授業を見たんですけど、確かに合理的なやり方だと思いました。

数学って、板書を写すマシーンになると、
なかなか実力はつけにくいものですよね。
自分で考えるという作業をしなくなるから。

Y先生の授業では、特に高2の授業では、
生徒に考えさせるという作業が挟み込んであります。

これは僕にとっても新鮮でした。
こういう授業 スタイルの数学の先生を初めて見たからです。

けっこう「合格者アンケート」では「新鮮」「初めて」という言葉が並びます。
それと「考えてみれば合理的」とかも。

昨年までは最も若い先生だったんですけど、
今年度からはもっと若い先生が一人来られたので、最も若い先生ではなくなりました。

で、「合格者アンケート」では 次のような意見も。

・高2の時に数学を担当していただきました。なぜか私にとっては先生の メガネが ツボで、先生の メガネが好きすぎて自分で似たような メガネを探して買い、家でかけて笑っていました。大学合格が決まった今、机の中から メガネが出てきて、「なんでこんな メガネ持ってるんだろう」って思い、「あっ、そういえば」と思い出しました。Y先生の授業では自分で鉛筆を動かして ノートに書いていることが多いので、顔を上げて先生の メガネを早く見たいがために、問題を素早く解けるようになったような気がします。

顔じゃなくて、メガネ(笑
なんか生徒に愛されてます、メガネが。





今回は、AIMで2番目に若い、Y先生でした。
ちなみに、僕は年齢が上から3番目です。







この記事へのコメント