日々雑感 1362

AIMの谷口裕亮です。
相変らず、日々 ドタバタしています。

今年は本当に冬期講習の問い合わせの動きが早いです。
これって、全国的な傾向なんでしょうか?

コロナでの休講期間があったから、
その不安から、「塾や予備校に行こう」っていう動き?

どうしてかは よく分からないんですけど、
高1・高2の講座は、埋まるのが早まりそうです。

今年の冬期講習は最大定員25名で講座を運営しますので、
申し込みを予定されている方は、早めに お願いしますね。



ってことで、10月の最後の記事です。
もう10月も終わりなんですね。

この前 新年度が始まったと思ったら、
もう2学期も半分以上が過ぎてしまいました。

特に この時期に感じるんですけど、ほんと 早いよね~、1年。
受験生の皆さんも たぶんそう感じる時期ですよね。

そう考えると、僕は受験生と同じような メンタリティで仕事しているわけですね。
それが なんだか嬉しい。

僕は基本的に受験生、特に大学受験生の、
あの凜とした雰囲気、すごく好きです。

AIMの高3生って、毎年、そうした凜とした空気を作ってくれます。
今年の 23期生もそうで、ほんと、「応援したい!」って気持ちを かき立ててくれます。

自習室で、教室で、
勉強している高3生の、あの ピーンと張り詰めた空気感。

今年も そうした空気を感じられて、
僕は幸せです。

こういう空気を作ってくれた 23期生の全員が合格できるように、
最後まで できる限りのことは したいと思っています。

まあ、頼りなく見えるかもしれないけど、
基本的に ヒョロヒョロなので弱々しく見えるかもしれないけど、
大学受験指導に携わってきた経験は豊富ですから、ご安心ください。

ってことで、凜とした空気を感じながら、
今日も頑張ろうと思います。







この記事へのコメント