日々雑感 1365

どもども、AIMの谷口裕亮です。
けっこう 日々 忙しくしています。
ってことで、まあ、幸せに暮らしています。

明日の日曜日(8日)が、
「高3国語私大テスト演習」という講座が最終日です。
早いもので、今期の終わりを迎える講座が そろそろ出始めるんですよね。

毎年、この時期になると、
寂しさが募ります。

っていうのは、
その講座の、その メンバーで行なう授業が最後になるわけで。
こういう時に、「一期一会」っていう言葉を実感することになる。

この仕事をしていると、
毎年 同じ気持ちになります。

高校の先生の場合、何年かに一回、
高3の担任が回ってきたりするものだと思いますが、
うちのような小規模な塾の場合、毎年 高3の担任をしているようなもので。

今年度の高3(23期生)の授業も残りわずかかと思うと、
けっこう シンミリしちゃうわけ。

講座が終わっても塾との関わりがなくなるわけじゃないんですけど、
でもね、授業も担当している立場としては、ずっと見てきただけに、
そして ずっと授業を担当してきただけに、寂しいものがありますね。

入試も近いので、感傷に浸ってる場合じゃないんですけど、
それでも この シンミリ感は拭えません。

最後まで しっかりと授業をしたいと思っています。

23期生の皆さん、
入試に向けての ラストスパート。
起きている間は勉強しかしていないという状態で過ごしてくださいね。

悔いを残さないように、
そういう生活を続けてください。
心から皆さんの合格を祈っています。







この記事へのコメント