日々雑感 1292

緊張の中、何度か冷や汗を流しながらも「保護者会」が終了しました。
ご出席いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

拙い説明で申し訳なかったのですが、
合格してほしい! という熱量だけは感じていただけたのではないかと思います。

にしても、緊張しました。
で、今日(24日)も緊張しています。
というのは、明日が国公立二次試験だからです。

まあ、僕が緊張しても仕方ないんですけど、
でも、緊張するなって言っても緊張するものは仕方ない。

ということで、いつ心安まる時が来るのか?
これから 200年ぐらいは生きるつもりなんですけど、
こんな緊張状態がずっと続くと、寿命が1年ぐらい縮まるかもしれん。

それより、ここ10日ほど、体重が1日0.5キロずつ減ってます。
ストレスによる体重の減少で、不健康きわまりない。
あと150日ぐらいで「風」になる。
っていうか、体重、無くなる。

明日、国公立二次試験を受験する AIM生、頑張ってきてな!
ボーダーラインを割っている人は、逆転すりゃいい。
超えている人は、油断なきよう。

とにかくこれまで培ってきた力を、全て解答用紙に吐き出してきてくれ!
そうしてくることを祈っています。

By 谷口裕亮







日々雑感 1291

今週の日曜日(23日)、「保護者会」です。
3学期は高1・高2の保護者の皆さんを対象とした「保護者会」となります。

で、25日(火)が国公立大の前期日程試験。
いやはや、なんていうか、めちゃくちゃな日程です。

まあ「保護者会」を2月23日にしているのは こっちの勝手な都合なんですけど。
いや〜、近すぎましたね、日程が。

前期日程試験に向けて、
過去問題の添削、小論文の指導、面談やらが目白押しで、
朝から晩まで、その対応に追われまくっているわけですよ。

晩の11時ぐらいまで、仕事ぎっしり。
でね、そこから「保護者会」の資料作成が始まるわけです。
この間の月曜日(17日)なんて、ご飯、1回も食べられなかった。
朝の暗いうちから添削を始めて、気が付いたら夜中になってて、「食べる」という行為を忘れてた。

なんとか身体は元気ですので、25日の前期日程試験までは このまま突っ走りたいと思います。
なんやかんやで例年、同じように過ごしているわけで、ご心配なく。
何とかなるような気がします。
っていうか、何とかします。

関関同立などの近畿圏の私立大の一般入試の発表も、ほぼ出尽くしました。
私立大の後期入試(3月入試)を受験する皆さんは、継続して頑張ろう!
もちろん国公立大を受験する皆さんも。

とにかく みんな(自分を含む)頑張ろうぜ!







あっ、僕は谷口。


日々雑感 1290

はいっ、谷口です。

なんかね、ほんと、完全に忘れてたんだけど、
2月14日って バレンタインデーだったんですよね。

世間は。

2月14日、ほんと、そんなこととは つゆ知らず、
「今日も添削の オンパレードなんだろうなあ〜」とか
「なんか カカオの いい匂いがするぞ〜、なんでだ?」とか考えながら、
ウホウホと AIMに出勤してきたわけですよ、2月14日 バレンタインデー。

でね、案の定、朝から晩まで ウホウホと添削をし、解説をし、返却をし、
気が付いたら晩で、最後の添削返却が終わったのが晩の10時過ぎで、
春期講習の申し込みの受付とか、翌日のための教室掃除とか
まあ、なんやかんやと いろいろやって、
疲れ果てて、家に帰るよね。

ニュース見るよね、
ニュースで「今日は バレンタインデーでした」って言ってるわけ。

はて?
今日って いつ?

バレンタインデーって、
先生が添削をしたり、解説したり、返却したりする日だったっけ?

で、終わり?
我が手に カカオでできた、あの食べ物は ないの?







はい、ありませんでした。







1個も、貰えませんでした。







まあ、僕も大人ですから、
貰えなかったからって、女子生徒に意地悪したり、
自暴自棄になって自分で大量の チョコを買い込んだり、
そんなことは しないんだけど、とりあえず泣いたってことだけは報告しておこうと思う。







AIMの女子のみんな〜っ!
受験勉強、頑張れよ!!!!!(泣きながら)








日々雑感 1289

ああ、谷口裕亮です。
ツイートする ヒマもないので、まあ、ツイッターは お休みです。

そのうち ツイートしまくるつもりなので、
お楽しみに。

今週は、[過去問題添削→解説・返却]のオンパレードで、
朝から晩まで添削、解説を連続でやっています。

毎年、この時期は こうなるんですけど、
これ、なかなか ツラいものがあります。

たとえば朝に5名が過去問題の答案を持ってきたとしたら、
順番にやっていって、3名分が終わったら、別な人が答案を持ってきて、
なんか果てしなく、連続的に、この仕事が続くような錯覚に陥るからです。

前日の答案が残っていることもあり、
とにかく次から次へと無間地獄のように答案が湧いてくるわけで、
こういう毎日が続くのは本当に ツラいんだけど、まあ、そこそこ慣れてます。

その間に私立大の合否連絡があったり、
春期講習の問い合わせがあったりで、日々 ドタバタしている。

ときどき動きが見えないぐらい素早く仕事してるんじゃないかって思うことがある。
実際、そこに僕がいるのに、「谷口先生は?」って別な先生に尋ねる生徒がいたり、
たぶん答案を持ってきたのだろうけど、僕が見えないからか自習室に戻ったり。
見えないぐらい素早い動きだから、そうなるんだね。

とか思ったけど、ただただ存在感がないからじゃないかと疑ってもいる。
なにはともあれ、精神的に ツラい毎日だけど、充実した毎日であることも事実。

入試が終わるまで、とことん付き合うぞ!







日々雑感 1288

先日、日曜日(9日)に、お休みをいただき、
中学3年生の時の担任の先生が参加されている
合唱団のコンサートに、いずみホールまで行ってきました。

谷口裕亮です。

人生初のクラシックの合唱コンサート。
ルールとか知らないので、とっても緊張しました。

いずみホール、めちゃくちゃ立派だったし。
緊張の余り、ホールに入ってコンサートが始まるまでに
3回もトイレに行くという、うぶな少年のような行動を取った自分が恥ずかしい。

ベートーヴェンの『合唱幻想曲』とか『カノン』とか、
聴いてきたんですけど、
浄化された、心が。

最近、特にセンター試験後は忙しかったですから、
なんか モヤモヤした感じがあったんですけど、
吹っ切れた。

はじめて こういう クラシック系のコンサートに行ったんですけど、
そして これまでは けっこう避けて生きてきたんですけど、
分からないなりに 心に響くものがあったんですよね。

また行きたいです。

先生も かっこよかったです。
中学3年生の頃も、こういう大人になりたいと憧れていた方だったので、
音楽活動を頑張っておられる姿を拝見し、ますます憧れた次第なんですよ。

何はともあれ、また頑張る勇気をいただいた。

ってことで、今週も絶好調です!